アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう

Hot Topics
アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう

原画マンはアニメキャラを、普通の鉛筆で描き上げています。

プロの多くがパソコンソフトを活用し、クリエイティブ作業に励んでいます。現代では殆どアナログの画材が使われていません。ただ、アニメの現場だけでは未だにアナログの雰囲気が残っています。唯一そこだけが、鉛筆メインで作業を続けているのです。何かとデジタル化が進む昨今ですが、原画マン達は今日も鉛筆を握って作画しています。彼らは職人魂を常に抱いているのです。もちろんデジタルソフトを利用する原画マンもいますが、やはり鉛筆で描画した方が、絵に味わいが表現出来ます。3D技術がどんどん取り入れられるクリエイティブ現場ですが、まだまだキャラクターの作画は、超アナログなのです。しかも特別な鉛筆やペンは全然使っていません。原画マンは、我々が普段から利用している鉛筆と消しゴムだけで、多種多彩なキャラクターを描き上げるのです。抜群のデッサン力と表現力を持っている人々も多く、日本の映画や作品は、各方面で常に高評価を集めています。

日本の作品が大好きなのは、何も日本人に限った話ではありません。むしろ近年ではフランスや米国で、日本のメディアが広く注目されているのです。海賊や忍者、死神などをテーマにした作品は特に大人気になっています。

オススメワード

Copyright (C)2017アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう.All rights reserved.