アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう

Hot Topics
アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう

弟のアニメはアトムから

最初のアニメの記憶はテレビ放送でロボットが飛ぶ古いアニメを観てからです。まだ白黒のマンガでした。裏番組は相撲だったような気がします。父親と私はテレビの観たい時間が重なっていました。当時相撲や野球の番組は父親の親しい近所の人が遊びに来てよく一緒に観戦していました。私達兄弟はそれがとても嫌でした。その時間だけアニメを見せてほしいと頼んでもなかなかいいとは言ってくれなかったからです。

親しい人であれば無理矢理にでもチャンネルを変えてもらったのですが、そうでもない人の時はジー「早く買えれ!早く買えれ!」とドアの陰から睨んでいました。ロボットのマンガの次は野球のアニメに変わりました。父親と子供が野球に打ち込むアニメです。まだ小さかった弟が大好きで私と弟でテレビを独占しました。その頃一人息子がかわいくてかわいくてたまらない父親はチャンネル権を完全に放棄していました。私と弟はあまり兄弟げんかはしなかったのですが、時々弟のアニメと私の観たい物が違ってケンカになっても父親が弟の見方をして私に勝ち目はありませんでした。弟のアニメ好きはその後もずっと続き、私と母親にはチャンネル権等と言うものは全くありませんでした。

オススメワード

  • 食品分析や食品検査をご検討なら【キューサイ分析研究所】

Copyright (C)2017アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう.All rights reserved.