アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう

Hot Topics
アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう

子供のころ、物語の名作をアニメでみて覚えた

子供のころ、名作の物語をアニメにしてテレビでながしていました。絵がとてもかわいかったので、私はそれが気に入ってアニメを見始めました。アニメは私の時代の話ではなく、たいていが昔の外国の話で私は夢中になってみていました。たいていの話は、主人公がとてもいい子でそのまわりに嫌な人がいて主人公をいじめていました。私は、そのアニメをみるたびに怒ったり、はらはらしたりで大変でした。嫌な人が本当に嫌な人で、主人公がかわいそうすぎたのです。

そして、それらのアニメの話がじつは学校の図書館にあるのを知りました。私は、本を読む子ではありませんでした。じっとしているよりも、何か楽しいことがないかときょろきょろして、興味があることがあるとすぐに走り出しているような子でした。そんな私が、図書館の本をかりるようになったのです。初めに借りたのは、その時テレビで放送されていたアニメの物語でした。続きが気になってしかたがなかったのです。休み時間も、昼休みもひまさえあれば読んでいました。読み終わると、次は新しい本を借りていきました。私の豹変ぶりにまわりはとても驚きました。もちろん、アニメも見ていました。アニメは私に読書の楽しみ方を教えてくれた大切な存在です。

オススメワード

Copyright (C)2017アニメで現実的・非現実的両方を楽しもう.All rights reserved.